【ダニの繁殖は許さない!】最強のおすすめダニ対策はこれ!

ダニにさされてかゆみが止まらない。

 

子どもがダニが原因でアレルギー症状が出た。

 

布団をしっかり干しているのに、ダニがいなくならない。

 

ダニに関する悩みって、いろいろありますよね。

 

目には見えませんが、家の中には本当に多くのダニが存在しています。

 

想像するだけで気持ち悪いですが、1gのホコリの中には約1000匹のダニがいると言われています。

 

 

ダニ駆除グッズを色々試してきた私の、最強ダニ対策を紹介します。

 

これでダニを一網打尽!

 

ダニ対策と言えば、みなさんどんな方法を想像しますか?

 

布団を天日干しにする

 

掃除機をかける

 

殺虫剤を使って駆除する

 

布団乾燥機を使う

 

部屋を換気して、湿気がこもらないようにする

 

こんな対策をしている方が、多いんじゃないでしょうか?

 

これらの対策は、正直あっているようであっていないです。

 

詳しくはこちらの記事で書いていますが、常識だと思っていたこれらの方法だと実はすべてのダニに対して有効ではないんですね。

 

 

上で紹介した記事を見ていただければわかりますが、簡単にまとめるとこんな感じです。

 

●布団の天日干しでは、生きているダニは死なない
●掃除機をかけても、生きているダニを吸うことはできない
●燻煙剤などの殺虫剤で、ダニをピンポイントで殺すのは難しい

 

ダニを徹底的に駆除するためには、ダニの生態を理解する必要がありました。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、私がダニを徹底的に駆除するためにやっていることはたった2つだけです。

 

ダニピタ君を使って生きているダニを捕まえる

 

ダイソンでダニの死骸と糞を徹底的に除去

 

ダニピタ君を使って生きているダニを捕まえる

 

生きているダニを駆除するのって本当に難しいんです。

 

布団を天日干ししてもダメ、掃除機で吸ってもダメ・・・

 

本当に厄介です。

 

唯一、布団を丸洗いすることが効果的ですが、いろいろな理由から現実的ではありません。

 

布団クリーニングは1セットで1万円以上する。
布団をクリーニングに出している間は、もう一組布団が必要。
効果を継続するためには、最低でも半年に1度は丸洗いが必要。

 

上の条件を何とも思わない方には、丸洗いはおすすめです。

 

布団を丸洗いすることで、生きているダニの駆除だけでなく、ダニの死骸や糞、ダニのエサとなるフケやアカまで除去することができますから。

 

でも私のように、価格や手間を考えるとちょっと・・・という方におすすめなのがダニ取りシートです。

 

このダニ取りシート、本当に優秀なんです。

 

 

ダニ取りシートで有名な商品には「ダニピタ君」と「ダニ捕りロボ」があります。

 

 

 

どちらも非常に利用者の口コミの良い、リピーターの多い商品です。

 

私は、諸事情からダニピタ君を使っています。
(ごめんなさい・・諸事情というのは単純にダニピタ君の方がお安いからです・・)

 

ダニ取りシートのすごい所は、なんといっても生きているダニを集められるところです。

 

ダニが好きな香りを使ってダニを一か所に集め、一度捕えたら逃がしません。

 

また、殺虫成分のある強い薬を使用していないので、小さなお子様やペットがいても安心して使えるところもお気に入りです。

 

まずはこのダニ取りシートを使って、天日干しをしても死なない、掃除機でも吸えない「生きているダニ」を駆除します。

 

ダイソンでダニの死骸と糞を徹底的に除去

 

生きているダニ対策は、ダニ取りシートで終わりました。

 

次はいよいよダニの死骸と糞の除去です。

 

布団に多く生息するチリダニというダニは、寿命がおよそ3〜4カ月、生きている間におよそ80個の卵を産みます。

 

 

単純計算で、1匹のダニが半年で約1万匹以上になるということです。

 

またチリダニは1日の間に平均して6個の糞をします。

 

ダニが1万匹いたとなると、糞だけで1日6万個・・・

 

でも実際に布団にいるダニの数は、この数十倍です。

 

想像するだけで、鳥肌が立ってきますよね。

 

この積もりに積もったチリダニの死骸や糞が空気中に舞い、それを吸い込むことでアレルギー症状を発症したりします。

 

よく耳にするハウスダストとは、その大半をダニの死骸や糞が占めています。

 

ここで登場するのがダイソンです。

 

生きているダニは、布団の繊維にしがみつているため掃除機で吸うのは難しいですが、死骸や糞は掃除機で除去することができます。

 

「なんでダイソン限定?」

 

って声が聞こえてきそうですね。

 

私がダイソンファンってのもありますが、その一番の理由はやはり圧倒的な吸引力の強さです。

 

私の自宅には3台の掃除機があります。

 

1台は、国内メーカーの3万円前後の紙パック掃除機。

 

もう一台は、同じく国内メーカーの5万円前後のサイクロン式掃除機。

 

そしてダイソンです。

 

家に複数台の掃除機がないとできないことですが、その他2台の掃除機でカーペットをこれでもかっ!てかけた後にダイソンをもう一度かけると、驚くことにまだまだゴミがごっそり取れます。

 

こちらの動画が参考になるかと思います。

 

 

ダニ用の掃除機として有名なレイコップは残念な結果となっています。

 

この動画の中で使用しているベビーパウダーの粒子の大きさは、ダニと同じくらいの大きさなんですよね。

 

そんなわけで、ダニの死骸や糞はダイソンで一網打尽です。

 

 

 

ちょっと話がずれますが、ダイソンファンの私からダイソンの購入を検討しているあなたにアドバイスです。

 

ダイソンは色々なところで販売していますよね?

 

家電量販店、AEONなどのショッピングモール、ネット販売・・・

 

私のおすすめは、公式オンラインストアでの購入です。

 

一番おススメしないのは、公式オンラインストア以外のネットショップです。

 

Amazonなんかを見ていただければわかりますが、見た目が完全にダイソンなのに比較的安いものがあります。

 

その見た目に騙されないでくださいね。

 

 

それ、ダイソンじゃありません。


 

次に気を付けて買いたいのは、家電量販店やAEONなんかで販売しているモデル。

 

ダイソンの商品なのに間違いはありませんが、ちょっと違う機能を付けたり減らしたりした、販売会社特有のオリジナル商品が多く存在します。

 

AEONから来るDMに載っているダイソンの価格を見て、安い!って思うことありませんか?

 

AEONなんかで扱っているダイソン掃除機は、かなり古いモデルだったりすることが多いです。

 

ダイソンは間違いなくいい商品です。

 

確かにお値段も安くはないです。

 

どうせ買うなら、最新の技術が搭載された、公式ストアで販売されている安心できるものを購入したいですよね。

 

ダイソン公式オンラインストアでそのまま購入することもできますし、そこから楽天などのダイソン公式ストアに行くこともできます。

 

ダイソン公式オンラインストア

 

ダイソンの話に熱くなりすぎてしまいました・・・。

 

 

まとめ

 

ダニを徹底的に駆除するなら、「生きているダニ」「ダニの死骸や糞」それぞれに対する対策が必要です。

 

@ダニ取りシートを使用して生きているダニを捕獲する
A掃除機でダニの死骸や糞を除去する

 

これであなたの家の布団もダニ対策バッチリですね。

 

関連記事