【そうだったの!?】ダニが原因のアレルギー症状

寝室にいると、くしゃみが止まらない。

 

家に帰ってくると、目が充血する。

 

蚊に刺された覚えはないのに、肌が荒れていてかゆい。

 

こんな症状に思い当たるところはありませんか?

 

もしかしたらその原因、ダニによるものかもしれません。

 

ダニが増加することによって引き起こされる、アレルギーや症状をみていきます。

 

そもそもダニがアレルギーの原因になるの?

 

アレルギーを引き起こす原因物質の約8割近くがダニによるものだと言われています。

 

生きているダニは直接の原因にはなりにくく、ダニの死骸や糞によってアレルギーが引き起こされます。

 

布団などに溜まった大量のダニの死骸や糞が空気中を舞い、それらを吸い込むことでアレルギーが引き起こされます。

 

このアレルギーを引き起こす原因となっているのがチリダニと呼ばれるダニです。

 

チリダニの生態

 

 

屋内にいるダニの内、約90%近くを占めているのがこのチリダニです。

 

チリダニの大きさは0.1〜0.3mmほどです。

 

布団や絨毯、ソファーや座布団など、家中のあらゆるところに存在しています。

 

温度25〜30度、湿度60〜80%を好み、人のフケやアカを食べているチリダニにとっては人間の布団はとても暮らしやすい環境だと言えます。

 

チリダニの特徴として、その恐るべき繁殖力があげられます。

 

チリダニは1匹辺り、生涯に約80個の卵を産みます。

 

半年もあれば、1匹のチリダニから約1万匹ものチリダニへと増殖していきます。

 

チリダニが人を噛む(刺す)ことはありませんが、その大量の死骸や糞によってアレルギー疾患が引き起こされます。

 

ダニが関係するアレルギー

 

 

アレルギー性結膜炎

 

部位:目
症状:目のかゆみ・充血

 

アレルギー性結膜炎とは、目にアレルギー物質が入ることにより、アレルギー反応が起こることです。

 

目のかゆみや充血、ゴロゴロとした違和感、涙目や目やになど症状を引き起こします。

 

アトピー性皮膚炎

 

部位:皮膚
症状:かゆみや湿疹

 

アトピー性皮膚炎は、遺伝による場合が多く、ダニが原因でアトピー性皮膚炎になるとは考えずらいです。

 

しかし、それ以外のアレルギーを引き起こす要因を作ってしまうことがあります。

 

アトピー性皮膚炎の方は、夜中に身体をかいてしまうことが多いです。

 

そのためにフケやアカが布団に大量に蓄積し、それらを餌とするダニの数はさらに増えてしまいます。

 

ダニが増えることによって死骸や糞の数も増え、それによって他のアレルギー症状を引き起こすアレルギー物質を増やしてしまいます。

 

アレルギー性鼻炎

 

部位:鼻
症状:鼻水・鼻づまり・くしゃみ

 

アレルギー性鼻炎には、花粉症のような「季節性アレルギー鼻炎」と、ダニやハウスダストなどが原因で発症する「通年性アレルギー鼻炎」とがあります。

 

その症状は、花粉症の症状と似ています。

 

ダニやハウスダストによる鼻炎は、花粉症のように季節的になるものではなく、1年を通して症状が現れます。

 

冬になりと比較的、症状が強く出ることがあります。

 

サラサラとした水のような鼻水が出ます。

 

気管支喘息

 

部位:気管支
症状:咳・呼吸困難

 

子どもの気管支喘息には、ハウスダストが大きく関係しています。

 

ハウスダストの中には、大量のダニの死骸や糞が含まれています。

 

これらの死骸や糞は非常に細かい微粒子になって、空気中を漂っています。

 

それを吸い込むことによって、ダニの死骸や糞は気管支まで到達しアレルギー反応を引き起こします。

 

まとめ

 

ダニによって引き起こされるアレルギーが数あることがわかりました。

 

何も対策をせず、ダニを放置することで被害はどんどん拡大していきます。

 

またダニの数が増えることによって、アレルギー性の症状だけでなく、皮膚を直接噛まれるなどの被害も出てきます。

 

まずは、私たちのまわりに一番多く生息しているチリダニの減らすことから始めていきましょう。

 

チリダニの数を減らしていくことで、ハウスダストの原因となるダニの死骸や糞を減らすこともできます。

 

さらにチリダニを捕食して生活している、ツメダニを減らすこともできます。

 

ツメダニは人を刺す(噛む)ダニです。

 

ダニに刺されたときのあの強烈なかゆみは、このツメダニによるものです。

 

ダニ刺された後やアレルギー症状が出てからでは遅いです。

 

大切なお子様、自分の体をダニから守れるのはあなただけです。

 

関連記事