今日からできる!ダニを増やさない為のお掃除方法

どこの家庭にも必ずダニはいます。

 

ダニの数をゼロにすることは残念ながら不可能です。

 

でも何もしないでいるとダニは増えていく一方。

 

ダニが増えると、ハウスダストが増えアレルギー症状が出てしまったり、ダニに噛まれて肌が荒れてしまったりと悪いことばかり。

 

ダニ対策をしっかりと意識したお掃除方法を毎日することで、ダニによる被害のない快適な生活環境を維持しましょう。

 

場所別 ダニを意識したお掃除方法

 

布団・寝具編

 

 

布団や寝具類は、家庭の中でも最もダニが多く生息しているところです。

 

ダニの被害に合いやすいのもここです。

 

ダニの習性を理解して、お掃除することでダニの数を増やさないようにしましょう。

 

布団を乾燥させる

 

ダニは湿気の多い所が大好きです。

 

人は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかいています。

 

当然布団の中には湿気がこもり、ダニにとっては暮らしやすい環境になってしまっています。

 

天気のいい日は天日干しをして、布団内にたまった水分を放出しましょう。

 

1週間に2度くらいの天日干しが目安です。

 

ただし、布団叩きで力強く布団をたたくのはNGです。

 

布団内部に溜まったダニの死骸が表面に出てきてしまい、ハウスダストの原因になってしまいます。

 

何より、強くたたきすぎると布団が傷んでしまいますよね。

 

布団たたきを使用する場合は、表面のホコリを落とす程度にサッサとなぞるような感じで使用します。

 

天日干しが難しい際は、布団乾燥機を使用して布団を乾燥させるのも効果的です。

 

丸洗いする

 

布団を丸洗いするのが最も効果的です。

 

布団を丸洗いすることで、ダニやダニの死骸、糞のほとんどを除去することができます。

 

また、その際にダニのエサとなるフケやアカなども同時に除去することができます。

 

布団の丸洗いが難しい場合は、布団シーツやベッドカバー、枕カバーなどをこまめに洗濯するようにしましょう。

 

掃除機をかける

 

掃除機をかけることで、布団表面に溜まったダニの死骸や糞を除去することができます。

 

気を付けること
●布団を押し入れなどにしまう際は、使用直後の布団は多くの水分を含んでいるのですぐにはしまわない
●布団を同じ場所にずっと敷きぱなしにしない
●布団やベッドの上で食べ物を食べない

 

注意点
これらの方法は、あくまでダニをこれ以上増やさないようにする対策です。
布団を丸洗いする方法以外で、今いるダニを減らすためには、ダニ取りシートなどを使用して生きているダニを誘い出して捕獲する必要があります。

 

 

押し入れ・クローゼット編

 

 

普段閉めっぱなしになっている押し入れやクローゼットは湿気がこもりやすく、ダニにとって暮らしやすい環境だと言えます。

 

湿気をなるべく溜めないようにする工夫が必要です。

 

湿気を溜めない

 

使用直後の布団は汗などの水分を含んでいるので、すぐにしまわないようにします。

 

また押し入れの中にすのこを敷くなどして、空気の通り道を作ってあげることも効果的です。

 

長期間使わない布団をしまう際は、天日干しや布団乾燥機などを使用し、布団内部の水分をしっかりと取ってから布団圧縮袋などに入れた状態でしまいます。

 

その際に布団圧縮袋の中に乾燥剤を入れておくと、さらに効果的です。

 

定期的に掃除をする

 

物がたくさん入った状態の押し入れやクローゼットは、なかなか掃除しずらくそのままにしてしまっている方も多いと思います。

 

頻繁に掃除をするのは大変でも、3カ月に1回や衣替えの時期などに1度中の物を全部出して、掃除機をかけたり水拭きをすることでダニに繁殖を防ぐことができます。

 

そのまましまわない

 

外で着てきた洋服には、たくさんの汚れやハウスダスト、花粉などが付着しています。

 

このままの状態の洋服をクローゼットにしまうことで、それらの付着物がダニのエサとなってしまいます。

 

クローゼットにしまう洋服は、洗濯後の洋服だけにしましょう。

 

気を付けること
●押し入れやクローゼットは常に閉めっぱなしの状態にしておくのではなく、天気のいい日は部屋の換気と同時に、押し入れやクローゼットの扉も開けて同時に換気をしましょう
●湿度の高い時期は、除湿剤を置くなどして湿度の上がり過ぎに注意しましょう

 

小物編

 

 

ダニがいるのは、なにも布団やカーペット、ソファーなどだけではありません。

 

靴やバッグ、ぬいぐるみなどの小物類にもダニは存在しています。

 

丸洗いする

 

それほどの大きさがなく、丸洗いしても問題の無さそうなものは定期的に洗いましょう。

 

丸洗いすることで、生きているダニやダニの死骸、糞やダニのエサとなる物質のほとんどを除去することができます。

 

ダニの弱点を利用する

 

ダニは60度以上では即死、50度以上の温度では20分以上生きることができません。

 

真夏の締め切った車内の温度知っていますか?

 

真夏の締め切った車内は、平気で50度を超えてきます。

 

ダッシュボードなどの直射日光が当たる場所にいたっては、70度以上にもなるんです。

 

家で洗うことが困難なバッグや、ぬいぐるみ等を真夏の車内に数時間入れておくだけで、ダニを死滅させることができます。

 

まとめ

 

普段からダニを意識したお掃除方法をするだけで、これ以上ダニを増やさないための対策ができます。

 

私たちの身の回りに最も多くいるダニはチリダニという種類です。

 

チリダニは人に噛みつくことはありませんが、このチリダニの数が増えることによって、このダニを捕食するツメダニというダニが増えていきます。

 

ツメダニは人を噛みます。

 

ツメダニに噛まれると強烈なかゆみが1週間ほど続き、皮膚には赤い斑点のような痕ができます。

 

 

そんな状況にならない為にも、普段からダニ対策を意識したお掃除をしていきたいですね。

 

関連記事